100万円~1,000万円予算

●予算:100万円~1,000万円 ●導入システム:専用ソフト(経理ソフト、生産管理ソフト、積算ソフト等) ●ケース:それぞれの部署で使い易いソフトウェアを購入し、部署内の業務効率がグンとアップしている。 ●メリット ・各部署ごとの業務は効率化出来る。 ・保守に入ることでバージョンアップし、使い勝手は更に向上し、トラブル時には即時に対応してもらえる。 ・一般的に使われている書式や単価などの情報も把握できる。 ・金額的にも妥当な投資で満足行くシステムが導入できる。 ・社内にシステム専門のスキルは必要なく負担は少ない。 ●デメリット ・部署間の連携が出来ないので、システムに重複した情報を入力し、転記ミスなどが起こる可能性がある。 ・データに統一性がないため、他部署の情報は結局ペーパーベースになってしまう。 ・データサーバーなどが複数必要になるためソフト以外のコストがかかってしまう。 ●改善への近道 まず、各業務ソフトをまとめる事の出来るディーラーを抑えて、相談をして下さい。 ディーラーが各ソフトのメーカーをアサイン出来るので、そこでデメリットが改善出来る方法を提案する事が出来るようになります。 ソフトウェアはデータこそ相違がありますが、汎用のCSVデータやTXTデータに変換する事が出来ますので、そこから連携を図るなどの方法を見出す事が出来るようになります。 この際は、カスタマイズなどのコストが多少かかりますが、その後の業務の効率化を考えた時にメリットの方が拡大出来ると思われます。 また、この際に注意点としては、ソフトウェアそのものにカスタマイズをするのではなく、汎用出力のデータを変換して整合性を取るなどの、外部ツールとしての改造をする方が、ソフトウェアそのものの将来性を考えるとメリットが大きいと思われます。 以上

ウリ機能 

~みつもりLightは消費税改正対策に適した仕組み~ みつもりLightでは、これからの消費税率改正の可能性に伴いまして柔軟な対応が出来るよう工夫をしております。みつもりLightは見積データがファイル管理されている関係上、消費税率に関してもファイル内に情報を持たせるようにしています。そのため、消費税率改正が行われた場合にシステム環境設定にて消費税率を変更した場合にも過去の見積書に関しては、その作成当時の消費税率を保持して保管することが可能で、新たに作成する見積書から変更した消費税率を採用できるようになっています。 また、消費税率の変更自体も締めのタイミング、決算のタイミングなどを気にすることなくシステム環境設定にて変更することが出来ますのでシステム上の縛りも無くお客様にて自由に対処できるようにしております。 もしもお客様にて柔軟な消費税変更対応の出来ない見積ソフトをお持ちの場合には早い段階でのソフトウェアの入れ替えをご検討下さい。 <<チェック項目>> 1.消費税率の変更がどこで出来るのかお客様で理解出来ている。 ⇒場合によってはシステムモジュールの入れ替えや複雑なマスター変更をしないと消費税率が変更できないというソフトウェアもあります。その場合、保守に入ってない場合は対処しない、サポート停止のソフトのため保証出来ない、というメーカーからの回答もあると思われます。 2.消費税率が変更できても過去の見積書も同時に変更されてしまうなどの運用面の問題が出てしまう。 ⇒システム環境にて一括でソフトウェア内の情報を変更してしまうというソフトも時にはありますので履歴を確認できなく なってしまい、業務に支障が出てしまいます。 ~歩掛機能を使いこなす~ みつもりLightには通常の一式積み上げて見積明細を作っていくパターンと、もうひとつは歩掛明細を作っていって複合単価を作りこむというパターンで明細を作ることが可能となっております。 これは建設業の中でも土木業によく用いられるもので代価表・単価計算表とも呼ばれています。 例えば、トラックで土砂を運ぶという時の運搬にかかる原価は1日辺りどれくらい掛かるかというと、ただガソリン代だけを計算すれば言いというものではなくそれを運転する運転手の作業人工やトラックそのもののリース代、それ以外の諸経費なども踏まえて1日辺りの 単価を出すわけです。 こういった計算は、このような見積ソフトでは結局計算しないで別紙で計算した結果を基に見積書を作るという建設会社さんが非常に多いのですが、みつもりLightではそういった計算もやってくれる、優れものなのです。 実行予算を如何に効率よく、実数として把握していき 見積書を作ることがこれから必要になってくるのでしょう。

Copyright © All rights reserved.賢い業務ソフトの導入.